ハーレーダビッドソン883Rを三拍子セッティングしたい!(パインバレーで相談)

pinevalleyの写真 鉄の馬(バイク)

ハーレーダビッドソンは三拍子であるべきか

ハーレーというと、三拍子のイメージが強いです。

アメリカでは「ポテトサウンド」というらしいです。

基本、三拍子はエンジンに負担をかけるのか、オススメしないというのがショップの考え方のようです。

ですが、理屈じゃないんですよね~

三拍子が好き!っという方は、やはり、三拍子にしたいんです。

私ですw

もちろん、三拍子にこだわらない方もいます。

こればかりは、個人の考えですから多様性があって当たり前です。

ハーレーダビッドソンを三拍子にする方法

キャブレーター車であれば、簡単に三拍子を出すことができるそうですが、残念ながら私の愛車883RはFIです。

FIの場合、コンピューター(ECU)をイジッて三拍子を出すことになります。

方法は以下の3通りです。

フルコン コンピューター(ECU)を交換する。
マフラーを交換しても自動補正をしてくれるので、再チューニングがいらないが、
費用が高く(20万~)故障した際にディーラーの診断機が使えないことがある。
サブコン 純正コンピューターの信号をサブコンで書き換える方式
高機能ではない。
フラッシュ 費用は抑えられる(12万円~)。
また、ディーラーの診断機の使用可能。
方法は。
・FP3
・ディレクトリンク
がある。

フラッシュチューニングを詳しく見ていくと。

FP3 有名マフラーなら交換にも対応
個人で設定できる。
通常900回転まで落とせるが
パインバレーで購入すると800回転まで落とせる。
ディレクトリンク マフラー交換は再設定
チューニングショップでの設定になる。
600回転まで落とせる。(あくまで設定上のでは。)

パインバレーで聞いてきました

パインバレーで聞いてきた話を箇条書きします。
(私の北米マフラーの場合)

・三拍子設定は賛否あるが、三拍子設定依頼は滅茶苦茶多いとのこと

・三拍子化してもノーマルマフラーにすれば車検はOK

・パンチアウトした北米マフラーは「うるさい」のが正常w

・パインバレーでオススメしているフラッシュチューニングは「ディレクトリンク」

・パインバレーでのチューニングはアイドリング時のみ三拍子に設定する

・アイドリング時にアクセルを開ければ、三拍子は解除される

・ハーレーは2014年式以降の方が三拍子を出しやすい

・2014年式以降の方が、調整項目が多い

・私の2012年式は三拍子設定項目が少ないため、きれいに三拍子がでるかは、やってみないと分からない

・バイクの充電は走行時が主で、アイドリング時の充電量は少ない

・長時間アイドリングしなければ、バッテリーは持つ

・パインバレーでのチューニングは回転数750

・エンジン温度96度で設定回転数になる。つまり、エンジン始動時は暖気運転(高回転)になる。

・燃費向上のため、時速90km〜110km間で、燃料噴出を薄くすることができる。

・チューニングには2週間かかる

・エアクリーナーはS&S スーパーストック ステルスエアクリーナーキットがオススメ(私の場合に限る)

・チューニングの修正だけなら8250円でできる(アイドリング回転数の変更)

・マフラー変更、エアクリーナー変更等の場合は、再度チューニングとなる。

・チューニングにはリスクがある。例えばクラッチが滑って交換が必要になるなど。クラッチ交換は7万円。。。

こちらはFP3

created by Rinker
バンスアンドハインズ(Vance&Hines)
¥96,179 (2024/06/13 21:37:32時点 Amazon調べ-詳細)

こちらはFP4

パインバレーでの見積もりの結果

・ステルスエアクリーナーキット32800円
・エアクリーナー交換工賃8250円
・エンジンオイル交換11000円
・チューニング価格は125400円
・三拍子セッティングは9900円

合計18万8000円ちょい。。。
高いですorz

参考値段表
パインバレーでの三拍子設定の価格

パインバレーの場所

神奈川県横浜市金沢区幸浦1-15-26
営業時間は10時~17時(13時~14時はお休み)
水・木曜日休み

タイトルとURLをコピーしました