鉄の馬(バイク)

大型バイクにはGIVVIケース or タンデムシートバッグ?

投稿日:2021年12月10日 更新日:

大型バイクは積載力0

50歳のクリスマスプレゼントに大型バイクを購入しました。

まあ、50年がんばったご褒美です。

最近のバイクはテールが短く好きになれなかったのでFZ1-Fazer(フェザー)を購入したのですが、積載力0なんですwww

大型バイクなのに、載せられるのは人間だけwww

んーそんなもんかw

ということで、GIVIケースを購入しようかと思ったのですが、これが高い!

購入しても、そのまま付けることができず、加工が必要ということで、5万くらいかかるといわれました><

シートバッグの選択

当初、GIVIケースにこだわってはいたのですが、FZ1-Fazer(フェザー)でGIVIケースをつけた場合、積載重量は3kgまでと知り考えが変わりました。

そもそも、GIVIケースの目的がカメラを入れることでしたので、望遠レンズ入れると3kgは厳しいんです。

で、調べた結果、シートバッグにたどりつきました。

もともと人間が座る場所ですから、カメラの重量なんて問題なし!です。

タナックス ミニフィールドシートバッグ

タナックス ミニフィールドシートバッグMFK-100

色・材質:カラー:ブラック
素材:1680Dナイロン+PVCレザー
サイズ:200(H)X370(W)X300(D)mm(最小時)
200(H)X510(W)X300(D)mm(最大時)

容量:最大収納重量:7.0kg
部品構成:Kシステムベルト
・レインカバー
・接続バックル
・ショルダーベルト
容量:19〜27 リットル

タナックス ミニフィールドシートバッグMFK-100の写真

シートバックの付け方

タンデムシートを外して、下の写真のようにベルトを回します。

構造上、タンデムシートのロックに干渉しやすいので、シート下のベルトを試行錯誤してずらして取り付けます。

数分で設定できます。

ちなみに、ベルトは長めなので、私は切っています。

シートバックの付け方

-鉄の馬(バイク)
-

Copyright© 画楽 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.