バイクの引っ掻き傷を簡単タッチペンしてみた結果


バイクの引っ搔き傷の補修

あまり目立たない引っ搔き傷ではありますが、そのままにするのもなんですから、タッチペンで補修することにしました。

傷はリアカウルの箇所になります。前回、QUIXX (クイックス)で補修を試みてみたのですが、効果が得られなかったため、タッチペンに踏み切ることにしました。

fz1-fazerの引っ搔き傷の写真

タッチペンの手順

タッチペンで補修してみます。補修方法はネットで調べたのですが、今回は簡易的タッチペン補修とします。

あまり、細かくやってもあまり出来に変化はなさそうなんでw

(1)補修箇所の清掃

まずはパーツクリーナーを噴射して汚れを拭き取ります。
パーツクリーナーの写真

(2)マスキングテープ

タッチペンが他の箇所につかないようにマスキングテープを周囲に貼ります。(けっこう雑ですw)
マスキングテープの写真

(2)タッチペン補修

購入したタッチペンはこれです。
タッチペンの写真

これをこんな感じで段ボールに貼った養生テープに垂らしました。
タッチペンを養生テープ垂らし使用します。

ペンキは意外と固まらないので、安心して作業はできました。
タッチペンのペンキを爪楊枝で塗る

地道に引っ掻き傷に塗っていきます。
爪楊枝でペンキを塗る写真

うーん。若干盛りすぎたかな?
爪楊枝でペンキを塗る写真

ここで、2~3日乾燥させます。

(4)ヤスリ掛け

2~3日乾燥させたらヤスリ掛けをします。

まず、マスキングをします。
ヤスリ掛けの写真
盛り上がっった部分だけをヤスリがけしていきます。今回は#1000→2000の順番でヤスりました。
ヤスリ掛けの写真

こんな感じになりました。
ヤスリ掛けの写真

最後にQUIXX (クイックス)で補修で仕上げをします。
QUIXX (クイックス)で仕上げする写真

光の向きにもよりますが、キレイになりました^^
タッチペン補修の結果の写真

ただ、光の向きを変えると傷はあります><bw
タッチペン補修の結果の写真

タイトルとURLをコピーしました