バイクのタンクにカメラを設置して撮影する(3)

Insta360 ONE X2をバイクタンクに設置した写真 鉄の馬(バイク)

バイクのタンクにカメラを設置する3

前回、ゴープロモドキをバイクタンクに固定して撮影して画角を確認しました。

使用したマウントは。

created by Rinker
ラムマウント(Ram Mounts)
¥2,000 (2022/11/29 13:10:28時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
ラムマウント(Ram Mounts)
¥1,400 (2022/11/29 13:10:29時点 Amazon調べ-詳細)


です。

で、今回はゴープロモドキに変わり、Insta360 ONE X2を使用し、画角の確認をしてみました。

Insta360 ONE X2をバイクのタンクに設置した時の画角

Insta360 ONE X2をバイクのタンクに設置してみました。

設置状況はこんな感じです。

Insta360 ONE X2をバイクタンクに設置した写真

Insta360 ONE X2をバイクタンクに設置した写真

この状態でのモトブログでの使用に耐えうる画角を確認してみました。

バイクタンク固定のInsta360 ONE X2での画角1
同タイムでのバイク左側の画角です。
バイクタンク固定のInsta360 ONE X2での画角2

個人的にはナカナカの画角だと思います。

が、真横には線が入っているのが分かります。原因はプレミアムレンズ保護フィルターを装着しているためでしょうか?

Insta360 ONE X2は前後のレンズでの撮影をつないでいるので構造上仕方ないですがね。。。

Insta360 ONE X2をバイクのハンドルに設置した時の画角

バイクのハンドルにInsta360 ONE X2を設置して画角の確認をしてみました。
バイクのハンドルにInsta360 ONE X2を設置してみた写真

バイクハンドルの右側にInsta360 ONE X2を取り付けたので、画角は若干左寄りになります。
バイクのハンドルにInsta360 ONE X2を設置した画角の写真

バイクのハンドルにInsta360 ONE X2を設置した画角の写真

こちらもやはり、プレミアムレンズ保護フィルターのせいか、真横には線が入っているのが分かります。(「Insta360 Studio 2022」でプレミアムレンズ保護フィルターを消す設定にしています。)

プレミアムレンズ保護フィルターを外して撮影した画像

プレミアムレンズ保護フィルターが悪さをしていると考えられるため、後日、プレミアムレンズ保護フィルターを外して再度撮影してみました。

驚いたのですが、黒い線が一切ありませんでした!

プレミアムレンズ保護フィルターを外したInsta360 ONE X2の画像

プレミアムレンズ保護フィルターが黒い線の原因であることがわかりました。(「Insta360 Studio 2022」でプレミアムレンズ保護フィルターを消す設定にしています。)

純正のフィルターなんですから、そこは対応してほしかったですw

Insta360 Studio 2022でプレミアムレンズ保護フィルターを消す設定にしない場合

Insta360 Studio 2022でプレミアムレンズ保護フィルターを消す設定にしない場合の画像です。
明らかに線が入っているのが分かります。
Insta360 Studio 2022でプレミアムレンズ保護フィルターを消す設定にしない場合の画像

タイトルとURLをコピーしました