ハーレーダビッドソン883Rのスパークプラグ交換

交換前後のプラグの写真 鉄の馬(バイク)

エンジンを健全に。

883R(FI)を三拍子にしたいと思いました。

方式はフラッシュチューニングです。

だいたい12万くらいかかるようです。高い。。。

そうホイホイ出せる額ではないので、チューニング依頼する前にスパークプラグの交換をし、

すこしでもエンジンを健全な状態にしておきたいです。

スパークプラグの交換時期

883Rのマニュアルを確認したところ、32000Km or 48か月 となっていました。
883Rのスパークプラグ交換時期の表

ちょっと長すぎのように感じますww

まあ、2年に1回の車検時に交換というのが、おとしどころのようです。

使用するスパークプラグと。

スポーツスターの場合、使用するスパークプラグは6R12になります。

ハーレーダビッドソン純正の場合、価格は1個1780円です。高いです。。。
6R12のスパークプラグ(ハーレーダビッドソン純正)

一方、NGKのスパークプラグ検索で調べるとDCR7EIX(2493)がでてきます。価格は1個1100円です。ちょっとだけ安いです。
DCR7EIXの写真

ネット検索で調べると、DCPR7EというNGKのスパークプラグが使用できるようです。価格は1個352円です。めちゃくちゃ安いですw
NGK DCPR7Eのスパークプラグの写真

あとは、アンチシーズ、ネジ焼付防止剤です。
アンチシーズ、ネジ焼付防止剤の写真

created by Rinker
日本特殊陶業(Ngk)
¥478 (2024/03/04 11:33:47時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
デイトナ(Daytona)
¥2,050 (2024/03/04 11:33:47時点 Amazon調べ-詳細)

スポーツスターのスパークプラグ交換方法

スパークプラグにアンチシーズをチョンと薄く塗り、手締めします。
アンチシーズを塗ったスパークプラグの写真

トルクレンチで規定トルクまで締めます。
規定トルクは16.3~24.4N・mです。今回はアンチシーズを付けているので弱めの16.5N・mで締め付けます。
(アンチシーズを付けると、滑ることからオーバートルクになりやすいとの説です。)
トルクレンチがない場合は、手締め後にプラグレンチで1/4程回して締める。
規定トルクは16.3~24.4N・mで締める
スパークプラグの手締め要領を記載したマニュアルの写真

プラグキャップを奥まではめ込んで完了です。カチッと音がします。
プラグをカチッというまで差し込む写真

ちょっと怖かったプラグの締め込み

規定トルクで締めこむべくトルクレンチで回したのですが、どんどん回っていってしまい、手締めから1回転以上回してもカチッといわないので、途規トルク前に回すのをやめました。。。

手締め後にプラグレンチで1/4程回して締めるということでしたが、それ以上回りすぎたので怖くなりました。。。

当分、プラグの緩みに気をつけて乗ることとしました。

交換前後のプラグ

参考で、交換前後のプラグの写真です。旧プラグは走行距離5000kmちょいのプラグです。
左から フロントプラグ(旧)、フロントプラグ(新) リアプラグ(旧)、リアプラグ(新) 
交換前後のプラグの写真

created by Rinker
日本特殊陶業(Ngk)
¥478 (2024/03/04 11:33:47時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
デイトナ(Daytona)
¥2,050 (2024/03/04 11:33:47時点 Amazon調べ-詳細)

プラグ交換で燃費向上

燃費向上させるためには、スパークプラグ交換が一番効果が高いようです。

今回、プラグ交換をし、ちょっと箱根を走ってきたところ、リッターあたり20km走りました!(2023年4月)

ワコーズ フューエルワン等も入れているのですが、やはり、プラグ交換が一番効果が高いです。

つまり、定期的にプラグは交換した方が良いというですw^^b

タイトルとURLをコピーしました