ハーレーダビッドソン883Rに取り外し式の背もたれを付ける(デタッチャブルシーシーバー)

ECOTRICのデタッチャブルシーシーバーの内容 鉄の馬(バイク)

息子と娘をバイクに乗せたい!もちろん嫁さんも^^b

せっかくのハーレーダビッドソンですから、息子と娘をバイクに乗せたいです。もちろん嫁さんもw

是非、空冷エンジンの良さを味合わせたいです。

空冷エンジンの独特の振動と音を教えたいです。

もう、今後、空冷エンジンは開発されないでしょうから。

ということで、子供たち(兄小6、妹小3)を乗せようと思いタンデムベルトを購入しました。
タンデムベルトの写真

ですが、小6の兄は大丈夫として、小3の娘は心配です。。。

やはり、背もたれが必要という事にしました。

取り外し式の背もたれ

ハーレーに背もたれを付けるのに抵抗があります。。。

なんでか分からないのですが、嫌なんですw

いろいろ調べるとありました。

取り外し式の背もたれ。これ、「デタッチャブルシーシーバー」というそうです。

デタッチャブル=取り外しがきく
シーシーバー=後部座席にある背もたれ

だそうです。

ECOTRICのデタッチャブルシーシーバー

Amazonでデタッチャブルシーシーバーを調べたところ、いろいろなデタッチャブルシーシーバーがありました。

純正でデタッチャブルシーシーバーを購入すると5万前後!これはキツイです。

検討に検討を重ねた結果、Amazonで高評価であり、一番評価数の多いECOTRICのものにしました。

ECOTRICのデタッチャブルシーシーバーの評価

ECOTRICのデタッチャブルシーシーバーの取り外し

ECOTRICのデタッチャブルシーシーバーの内容です。説明書は入っていません。
入っているボルトは8mmで、長さは2-3/4と同じでした。
ECOTRICのデタッチャブルシーシーバーの内容

サドルバッグスライドレールを取り外します。(右側)
(F:T40 UNC5/16 1-3/4のボルト R:T40 UNC5/16 1-1/4のボルト が付いていました。)
サドルバッグスライドレールを取り外し(右側)

サドルバッグスライドレールを取り外します。(左側)
(F:六角 UNC3/16 2-3/4のボルト R:T40 UNC5/16 1-1/4のボルト が付いていました。)
サドルバッグスライドレールを取り外し(左側)

ECOTRICのデタッチャブルシーシーバーの取り付け

ECOTRICのデタッチャブルシーシーバーに入っているボルトで取り付けてみたのですが、結構、ボルトの長さがギリギリでした。

もう少し長いボルトの方が安心して使えると思いホームセンターで探した結果、8mmx70mmのステンレス 六角ボルトを見つけました。
8mmx70mmのステンレス 六角ボルトの写真

ボルトの形状が変わりますが、六角ボルトの方が武骨でカッコいいですb
ボルトの形状を六角ボルトに変更

取り付けには、ネジロック(中強度)を使用しました。
ネジロック(中強度)

created by Rinker
LOCTITE(ロックタイト)
¥1,100 (2023/01/29 10:43:30時点 Amazon調べ-詳細)

ECOTRICのデタッチャブルシーシーバーの取り付けた結果

右側
デタッチャブルシーシーバー右側
デタッチャブルシーシーバー右側

左側
デタッチャブルシーシーバー左側
デタッチャブルシーシーバー左側

デタッチャブルシーシーバー全体
ECOTRICのデタッチャブルシーシーバーの取り付けた写真
ECOTRICのデタッチャブルシーシーバーの取り付けた写真

バイク全体
ECOTRICのデタッチャブルシーシーバーの取り付けた写真
ECOTRICのデタッチャブルシーシーバーの取り付けた写真

ECOTRICのデタッチャブルシーシーバーの取り外し方

デタッチャブルシーシーバーの取り外しボタンは裏側にあります。
デタッチャブルシーシーバーの取り外し方

①裏側に指を入れレバーを押す。
②上のレバーを手前に引く
デタッチャブルシーシーバーの取り外し方

タイトルとURLをコピーしました