software

Adobe Photoshopの使い方(逆引き)

投稿日:2020年5月20日 更新日:

角度を補正する

1)ものさしツール→2)水平線を引く→3)レイヤーの角度補正
ものさしツール→水平線を引く→レイヤーの角度補正

ソフトに切り抜く

1)楕円形選択ツールで切り抜きたい部分を囲います
ソフトに丸く切り抜く方法

2)レイヤー→マスクを追加
ソフトに丸く切り抜く方法

3)フィルター→ぼかし→ぼかし(ガウス)
ソフトに丸く切り抜く方法

4)「半径」の数字で「ぼかし」ぐあいを調整します
ソフトに丸く切り抜く方法

5)完成
ソフトに丸く切り抜く方法

異物を消す(パッチツール)

1)パッチツールで消したい異物を囲います。
パッチツールの使い方

2)マウスでドラッグして、画像上から流用したい部分をさがします。
パッチツールの使い方

背景を白飛びさせる

1)楕円形選択ツールで囲います
背景を消す方法

2)右クリック→選択範囲を反転
背景を消す方法

3)Ctrl+X で背景を切り抜き
背景を消す方法

4)色調補正→色の置き換え
背景を消す方法

5)スポイトで色飛びさせたい色を選択し、許容量を調整、明度を100にして完成です
背景を消す方法

背景を白黒にする

1)クイック選択ツールで鳥さんを囲います
背景を白黒にする

2)選択範囲を反転
背景を白黒にする

3)色調補正→明度・彩度
背景を白黒にする

4)彩度を「-100」へ
背景を白黒にする

5)完成です
背景を白黒にする

部分色を変える

1)色の置き換えツール
部分色を変える

2)今回は下記の設定でやってみました
部分色を変える

3)完成です
部分色を変える

覆い焼き・焼き込み・スポンジ

Adobe Photoshopの使い方(覆い焼き・焼き込み・スポンジ)
Adobe Photoshopの使い方(覆い焼き・焼き込み・スポンジ)

覆い焼き 画像を明るくする
焼き込み 画像を暗くする
スポンジ 彩度を変更する

部分を大きくする(パペットワープ)

1)レイヤーを選択し、ロックを解除
2)編集→パペットワープ
パペットワープ

3)「ポイント数を増加」、「メッシュを表示」にする
パペットワープ

4)周囲をピンで固定(赤枠)し、大きくしたい部分をピンで囲む(青枠)
  今回は鳥のクチバシを大きくします。
パペットワープ

5)クチバシの周囲のピンを適当に移動させます。
パペットワープ

6)クチバシが大きくなりました。
パペットワープ

部分を消す

1)「レイヤー」を選択してロックを外します。
部分を消す

2)「なげなわツール」で消したい部分を選択します。
部分を消す

3)「編集」→「塗りつぶし」
部分を消す

4)「コンテンツに応じる」、「カラー適用」、
部分を消す

5)消えました!
部分を消す

物を移動させる

1)「コンテンツに応じた移動ツール」
物を移動させる

2)移動したいものを囲います
物を移動させる

3)ドラッグで移動します。
物を移動させる

4)最後は「シャープツール」で後処理して完成です
物を移動させる

白枠を付ける

写真が3:2の例
1)イメージ→カンバスサイズ
2)幅「102%」、高さ「103%」、カンバス拡張カラー「描画色」
Photoshopで白枠

図形で薄い円を作成する

図形で薄い円を作成する
図形で薄い円を作成する
図形で薄い円を作成する
図形で薄い円を作成する

-software

Copyright© 画楽 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.