Other

Godox TT685Sストロボ

投稿日:2020年1月14日 更新日:

Godox TT685Sストロボについて

格安ストロボで有名なGodoxです。
TT685Sはソニー用、TT685Cはキヤノン用、TT685Nはニコン用となっています。

また、TT600SはTTL非対応で、TT685SはTTL対応といった住み分けになっています。

※TTL=Through The Lens=レンズを通して露出を調整する機能

ガイドナンバーは共に60となっています。

ちなみに単三電池4本を使用します。

Godox TT685Sストロボの各部名称

TT685S各部名称

TT685S各部名称2

スポンサーリンク

Godox TT685Sストロボの使い方:TTLモード

ボタン説明図
TT685の使い方TTL

TTLモードでの撮影方法

カメラ側設定
【Aモード、ISO低速限界1/125】
・カメラ側の発光モード、「強制発光」に設定(or「後幕シンクロ」に設定)
・シャッタースピードを1/125より速くする
・シャッタースピードを1/250前後より速くすると事前発光が多くなる。つまり、ストロボに負担がかかる。

ストロボ側設定
1)電源ON
2)モードをTTL
3)機能4(HSS:ハイスピードシンクロ)を押して\Hを表示
4)機能2→〇を回して露出調整→「SET」を押す

Godox TT685Sストロボの使い方:Multi(マルチ)モード

ボタン説明図
TT685の使い方TTL

Multi(マルチ)モードでの撮影方法

1)Multi(マルチ)モード
2)機能3(マルチ)を押して、◯を回して発光回数を設定
3)機能4(Hz)を押して、◯を回して発光周波数を設定
4)◯で発光出力を設定し「set」を押す

※発光回数。3なら3回発光して終了。
※1Hzなら1秒1回、3Hzなら1/3秒に1回。
※発光出力は試すしかないので1/64位からで。
※10連続発光したら15分休むこと。

-Other

Copyright© 画楽 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.